Illustrator CS3におけるバックスラッシュ問題

以前、こんなエントリを起こしたことがあります。

Illustratorにおけるバックスラッシュ問題

ぜんぜん違うことでIllustrator CS3を使っていて「そういえばどうなったんだっけこれ」とか思いつつちょっと試してみたり。

せっかくなので同じ入力状態で、CS1/CS2/CS3で、同じように入力した状態で比較してみます。
使用フォントは「小塚ゴシックPro B」、入力したテキストは「\1,500」です。


Illustrator CS1

Illustrator CS2

Illustrator CS3


CS3では、u005cで入力した場合は、内部で勝手にu00a5(YEN SIGN)に変わるのではなく、本来のコードのままで出力されるようになりました。やっとInDesignと統一されたという。



しかし今度は逆の問題が。
CS3で、CS1やCS2のファイルを開いたときに今度はえらいことに。

Illustrator CS2 to CS3 Open

CS1/CS2ではu00a5(YEN SIGN)で表示されてたものが、今度は勝手にu005c(REVERSE SOLIDUS [backslash])に変わってくれやがりましたよ。

まあ勝手に変わったというよりは、内部で保持されてた本来のコード・字形で表示されたってことになるわけですが、これはまずい。
しかも、「環境設定:一般」で「以前のバージョンファイルを開くときに[更新済み]をファイル名に追加(L)」のチェックが入っていてもCS1/CS2のファイルでは有効にならない。

事故るな、これ。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Illustrator CS3におけるバックスラッシュ問題

コメント

非公開コメント

トラックバック

¥マークが!

あさうすさんの実験るーむ:Illustrator CS3におけるバックスラッシュ問題を拝読した。これは危険です。私ごときの補足説明は不要なので、InDesign CS3 ユーザの方は是非あさうすさんの記事をご一読ください。

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ