そしてやっと届いたがしかし

はい、カテゴリ的にはまんま前回の続きです。
申し込みから3週間近く経過して、やっとこさiBookバッテリーが届きました。



さていきなりいわくつき。運送会社からまず第一報。

「住所を確認したくてご連絡差し上げました」

(゚Д゚ )ハァ?

ちゃんと住所を入力したにもかかわらずこの仕打ちです。ちなみにその後、Appleからも同じ電話が入った。何を考えているのだ。

そしてその時に一緒に言われたこと

「運送会社の方に今お使いのバッテリーを渡してください」

いや記録とっておきたいんで渡したくないんですけど。とは言わずに、運送会社に渡さないままにしました。テヘ(ぉ



そして荷と中身はこんな感じ。

iBook用バッテリー交換その1

iBook用バッテリー交換その2

なんか謎のシールが貼ってありますが、そもそもフィルムもおのままなので、剥がせばたぶんいっしょになくなるっぽいです。



そして、挨拶状が同封されてたんですけど、気になる一文が。

1.回収対象のバッテリー放電方法:バッテリーを完全に放電されてからご返却ください。

(゚Д゚ )ハァ?

そのまま渡したら駄目なんじゃんかよ! もっとも「お届けの際に、バッテリーをお渡しください」とも書いてあるが。どう見ても順序が違いますがな。そういうそれなりに重要なことは、ちゃんとサイトやメールに記載してくれないかなー。見直しても書いてないし。

ということで、現在必死で消費させてたりします。まだ1時間以上あるってばよ。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - そしてやっと届いたがしかし

コメント

非公開コメント

最近の記事

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ