FC2ブログ

噂レベルが現実に変わった話

フォント絡みで逮捕者が出ました。

なお、今回の事件では、フォントプログラムに埋め込まれていた固有のユーザーデータから流通元が特定された。
(中略)
今回逮捕された神戸市の男性が運営していたサーバーにアップロードされていたフォントプログラムには、いずれも同じユーザーデータが含まれていたという。


昔から「OpenTYpe内部にはユーザー情報が書き込まれる」と言われていましたが、それが公になった、ある意味歴史的価値があるニュースかもしれません。

そういえばダイナフォントは、TrueType版はインストール方法が単なるコピーなのに、 OpenType 10050は、一見コピーで済みそうなのに、必ずインストーラでシリアルを入れなければならなくて面倒だったのを思い出しました。
でもAdobe CSとの組み合わせで、きっちりとOpenTypeの機能を享受できるので、価格なりの動きはきっちりしてくれます。普段使う分には、TrueType版との見かけはほとんど変わりませんが('A`)
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 噂レベルが現実に変わった話

コメント

非公開コメント

最近の記事

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ