ライセンス的にもサポート的にもあやしげな問題

IntelMacネタのつづき。厳密には微妙なところを突いてたりするのがアレ。

「MacBook Pro」の気になるトコロ(ITmedia +D LifeStyle)

――Windows、動きます?

 「アップルとしてはWindowsの動作について関知しないし、サポートもしません。ただし、Mac上で(Windowsを)動かなくするような、特殊なことをするつもりもありません」。

 少なくとも、アップルが当初のスタンスを崩していないことは分かった。

そうだったっけ?という記憶を辿ったのだけど思い出せないのでとりあえずそういうことにして、と。

しかしアップル的にはサポートしないということであっても、OSベンダのMSがサポートするということになった場合、かなり微妙な気がしないでも。MSとしては拡販のチャンスでもあるから、対応を進める可能性はゼロではないだろうし。もっとも、『Virtual PC』という付加価値としての拡販が難しくなるかもしれないので微妙だけど。

残る問題は、OSを問わないデータ類のライセンス。
たとえばフォント、というかフォントだけに絞って話をすると、モリサワフォントダイナフォントあたりは「1台のコンピュータ」となってたりするわけで。モリサワあたりだと「CPUとマザーボードを1対としたものを1デバイス」として捉えることができるようになっているし。
しかして、そこが微妙に落とし穴。
どのアプリについても同じことがいえるのだけど、基本的には「正常な動作以外の保証はしていない」という問題も残ってたりするわけで。つまり「インストーラが付属している場合は必ずインストーラを介してOSにインストールされること」が条件であるともいえる。
そのうえで「添付されるインストーラは、一般的には特定OSに対応したもののみというのが基本」なので、そうするとパッケージに同梱されているインストーラが動作するOS以外では利用できないと考えたほうが良いだろう、ということが言えるだろうと。想定外のOSがインストールされている場合はどっちにしろライセンスの範疇を超えちゃう可能性があるよ、と。

いずれにしても、マルチブート時代を迎えつつある現状では、そろそろライセンス体系の見直しは必要である可能性が高いっぽいと感じつつある今日この頃。というかDTPソフトウェア業界的には見直さないとちょいと厳しいのかも。一般的なソフトウェア業界と違う世界だから、やはり異なる体系でライセンスを考慮しないと難しいともいえるだろうと考えられるということで。なんかまとまりないけど。

というか一瞬ネタにしようかと思いつつ、めんどっちぃのでやめてたら、CLさんトコでこういうネタ出しされててコメントを起こしかけていたんだけど、その内容があやしくなってきたので自分ところで独立エントリ扱い。

つーか、アップルさんにはそろそろハードとOSでのサポートを別にしてもらいたいと思ったり。マルチブート時代なのにワンセットで販売しているという考えがよりややこしくなるような気が。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ライセンス的にもサポート的にもあやしげな問題

コメント

非公開コメント

トラックバック

Boot CampでMacOSX使用時にWinボリュームのフォントファイルに触れるようになってしまった

ITmedia D PCUPdate:もうみんなMacを買えばいいと思う――Apple純正「Boot Camp」をさっそく試した (3/3) [plusd.itmedia.co.jp]  一方、Mac OS X側からはWindowsのボリュームは普通に見ることができる。  FAT32なので読み書き自由だ。ボリューム名のNONAMEはちょっと味

Apple Computer Inc.「MacBook Pro」,「iMac」発表!

Appleが、MacBook Pro, iMacを発表。

最近の記事

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ