FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

Windows 10のFont Cache Serviceを停止する方法

土曜日にDTPの勉強会やったんですよ、勉強会。
そこでちょっとリアルタイムでサポートした、Windows 10のFont Cache Serviceの停止措置について、方法を今回示しておこうと思います。

……というか、自分めもとして書いておこう書いておこうとずーっと思ったまま、タイミングはかってて放置してたのが思いっきり後手に回った、っていう話でもあるのよな。
フォローアップ兼ねて今回えいやで書いておきます。

まず、サービス起動しているかどうかだけでいえば、タスクマネージャー経由で確認できます。
マネージャーが簡易表示になってたらまず詳細表示にきりかえ、その後サービスタブ押して、「FontCache」の項目とその状態が実行中かどうかを確認しましょう。

で、実行中だったら、左下にある「サービス管理ツールを開く」をクリックします。

180716_Win10FontCache_1

「サービス」のウィンドウが開いたら、名前で「WindowsFontCacheService」を見つけます。
ここでも状態やらなにやら確認はできるので、タスクマネージャー経由しなくても、いきなりサービス開いてもいいです。
設定変えるならここからしかないので。

180716_Win10FontCache_2

ダブルクリックするか右クリックメニュー経由するとプロパティ開きます。
通常は、スタートアップの種類は「自動」になっていて、サービスの状態は「実行中」になっているはず。というかそうなっていないと今までの確認とイコールになっていないのでシステムがおかしいことになる。

180716_Win10FontCache_3

そしてスタートアップの種類は「停止」に、サービスのほうは「停止」ボタンを押してください。
前者は起動後にサービスを動かさない方法、後者はその場でのサービス停止の作業です。

180716_Win10FontCache_4

結果で言えば下記のようになるので、これで解消したことになります。

180716_Win10FontCache_5

そうするとnexusfontでフォント読み込み時も「異様に時間かかるおかしいPC故障かなのかぐぬぬ」みたいなことなく、快適に読み込めます。
あとはストレージの速度と読み込むフォントの数量やら容量次第ですけど。



この件、確かにxiles.netのnexusfontのところに「If you having problem on Windows 10 Anniversary Update, disable Windows Font Cache Service.」(Windows 10 Anniversary Updateで問題が発生した場合は、Windowsフォントキャッシュサービスを無効にしてください。)と、しっかりと書いてはあるんですけど、「じゃあそれって何処にあってどうやって止めればいいんだ」ってときには、この方法を知ってないと駄目っていう話だったりします。

180716_Win10FontCache_6



でまあ……確かにAnniversary Update(Ver.1607/RS1)でこれが発生し、その後、Creators Update(Ver.1703/RS2)→Fall Creators Update(Ver.1709/RS3)、そして現在のApril 2018 Update(Ver.1803/RS4)までもこの状態だったりするという。
Red Stoneで何やらかしたって感じです。

ついでになんですが、この大型アップデートのたびにこのサービス復活するんで、その都度OFFにしてやらないといけない状態です。
……まあその都度一度だけやる、セット品だと思えばいいんだけれども。



そしてこのWindows Font Cache Serviceなんですが、元々の説明では「共通で使用されるフォント データをキャッシュすることによって、アプリケーションのパフォーマンスを最適化します。このサービスがまだ実行されていない場合は、アプリケーションによって起動されます。このサービスは無効にできますが、無効にすると、アプリケーションのパフォーマンスが低下します。」となってます。
「じゃあこれOFFにするとむしろ動作遅くなるんじゃないか?」って疑問が出るとは思うんですが、自分で使ってる限りは今のところ動作低下を感じたことはまるっきりありません。
このサービス自体は古いWindowsからあって、昔は確かにPC全体の動作緩慢性を考えるとONであるべきだったのかもしれないけど、全体速度上がってるので、メモリキャッシュしておくメリット自体がほぼなくなったんじゃないかって思ってます。



ちなみに当日の状況については、togetterのほうで雰囲気をどうぞ。

【DTPの勉強会 第28回】Windows DTP乗り換え指南、macOSとWindowsのフォント管理、カラーユニバーサルデザインの基礎、ちょっとしあわせなPhotoshop作業環境(togetter)

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Windows 10のFont Cache Serviceを停止する方法

コメント

非公開コメント

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。