ということで、前回はCS6で検証したので、今回はCC 2013から検証をしはじめますです。
OS環境はもちろんWindowsです。

170322_InddDataMergeRetry_01

設定は前回を踏襲します。
念のためスクリーンショットも提示しておきますけれども。

170322_InddDataMergeRetry_02
170322_InddDataMergeRetry_03



さて、まずはCC 2013 x86(32bit版)での結果。

170322_InddDataMergeRetry_04_2013x86

コントロールパネルの左上の数字を注目ってことで……はいだめー。



じゃあ次に、CC 2013 x64(64bit版)。

170322_InddDataMergeRetry_05_2013x64

いっしょ。x86とまったく変わらない気配。



じゃあCC 2014 x64……というか、ここからはx86版での確認はしません。だって入れるの面倒だし。

170322_InddDataMergeRetry_06_2014x64

はい、やっぱり駄目でした。いかんのう……。



じゃあCC 2015.4。無印CC 2015はパスします。だって入れるの面倒だし。どうせ共存できないんだからCC 2015の最終だと思われるバージョンでいいよね、という。

170322_InddDataMergeRetry_07_20154x64

左上の数字を、目をよーく凝らしてご覧いただきたく。

……ちゃんと10mmだ。



ということで、CC 2015.4ではちゃんと修正されているということです。



もちろん、CC 2017でも……。

170322_InddDataMergeRetry_08_2017x64

ほら、ちゃんと設定どおり10mmですよ。

データ結合パネルを実際に使ってみるとわかるんですが、パネル自体の配置状態が、2014までと2015.4以降でかわっているのがわかります。
なのでここでてこ入れされたのだろうなっていう印象を受けます。実際のところはどうか知らないけど。



ということで、データ結合を意図する数値単位で使用するなら、CC 2015.4以降を使いましょう、という結論に。

……まあ、個人的にはデータ結合自体、滅多に使わないんだけれどもという、何もかもをひっくり返す発言を最後にしておきますが。



#ちなみに修正されているらしいという話は風の噂では聞こえてきてたんですけど、面倒なのでずっと放置してました。今回のデータも前回のデータをそのまま使い交わしているという手抜き状態。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - InDesignのデータ結合を今一度確認してみる

コメント

非公開コメント

最近の記事

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ