PDFで設定できる下限のサイズ

正直、実用的にはどうよ的なネタです。
たぶん通常の利用的にはほとんど関係ないはずなので。

ちなみに、たぶん対として見なしてもいい以前のネタからすると、実に5年以上経過している有様だったりします。
……どうしてこうなった。

まず今回使うものはIllustratorです。あとAcrobat。実のところ、Readerでもなんでもいいです。
とりあえず、バージョンは……9以降であればなんでもいいはず。PDFをダイレクトに保存できるバージョンならたぶんいけます。自分が確認したのはCS3/CS6/CC2015です。



まず新規ドキュメントを作成します。そのとき、幅でも高さでもいいので、3pt未満にします。

160620_PDFSizeTest_01

そしてそのまま、おもむろにPDF形式で保存かけます。

160620_PDFSizeTest_02

保存時のPDFプリセットはなんでもいいです。ここではPDF/X-4を使ってますが。

160620_PDFSizeTest_03

できたPDFを、AcrobatなりReaderで開きます。

160620_PDFSizeTest_04

まあ保存しただけなので中身は真っ白なんですが……気づく人はこの時点で気づいているはず。

そして、文書のプロパティで概要を開くと……。

160620_PDFSizeTest_05



さてまちがいさがし。
何が違うでしょうか?



じゃあもうひとつ。
今度はIllustratorと製品版Acrobatが必要です。厳密には、Acrobatと、Acrobat Distillerが必要になります。
こっちのほうが手順はちょっとかかります。



まず、Illustratorで新規ドキュメントを作成します。普通にA4サイズとかで問題ありません。

160620_PDFSizeTest_06

おもむろに長方形ツールでオブジェクトを作成します。
作成するサイズは、幅でも高さでもいいので、やっぱり3pt未満にします。

160620_PDFSizeTest_07

よく考えると、デフォルトだと塗りホワイト・線ブラック1ptになるので、塗りブラック・線なしの状態にします。

160620_PDFSizeTest_08

そうしたらファイルメニューで保存かけます。形式はEPS。

160620_PDFSizeTest_09

保存時の設定は特に考えることなく、デフォルト状態のままでいいです。

160620_PDFSizeTest_10

できたEPSファイルを、Acrobat Distillerにおもむろに突っ込みます。Distillerのデフォルト設定はなんでもいいです。今回はプレスで設定。

160620_PDFSizeTest_11

できたPDFを、やっぱりAcrobatなりReaderで開きます。

160620_PDFSizeTest_12

まあこの時点で妙な表示になっているのに、気づく人は気づくんですが……

そしてやっぱり、文書のプロパティで概要を開くと……。

160620_PDFSizeTest_13



ということで答え合わせ。

まず前者の「IllustratorでPDF保存した結果」について。
こちらは、ドキュメントの高さを2ptにしました。それに対し、PDFにした後の文書のプロパティで、ページサイズの高さが3ptになっていることがわかります。
2ptで保存したにも関わらず、3ptに勝手に変化してしまった状態。

そして後者の「EPSで保存した後にDistillerでPDF変換した結果」について。
こちらは長方形オブジェクトの高さを1.5ptにしてEPS保存しました。なので、バウンディングボックスとしても、高さは1.5ptのはず。
しかし、PDFにした後の文書のプロパティでは、やはりページサイズの高さが3ptになってしまっているという状態。
PDFを開いた直後の状態でも、上下に余白が出ているという状態でもあるわけで……。



ということで何のことはないんですが、要は「PDFは保持できるページサイズの下限は3ptである模様」ということです。



ただこれ、実はいくつか気になる点があります。

まずひとつは、Adobeが提示している文書の数値とは異なる、という点です。

Acrobat ヘルプ / 用紙サイズの設定 (Acrobat X)

用紙サイズの最小・最大値に関する文書、たぶんこのAcrobat Xでの文書以降、新しいのがないようなのでこれを最新のものとして 考えますが、ここに係れている数値は明らかに今回の数値よりも大きい。
となると、3ptという数値がどこから来ているのかよくわからない……。

そして次にもうひとつ。
何かというと、今回作ったデータを別のアプリケーションに読み込みや配置した場合のサイズ認識。
簡単に調べた限りなので信ぴょう性に欠けることが前提ですが、下記のような状態です。(それぞれCC 2015を使用)

Application Direct Distiller
Illustrator 元のサイズで認識 3ptで認識
InDesign 3ptで認識 3ptで認識
Photoshop 3ptで認識 元のサイズで認識

……なんだか読み込みや配置した先のアプリケーションで、てんで扱いがバラバラです。こうなるともう、何を信じていいのやらって状態になってしまうわけで……。

ともあれ、どうしても3pt未満のPDFを作成しなきゃならないケースとかあった場合については、注意するに越したことがないですよ、というお話だと思ってください。



以前のネタ:Illustrator:アートボードが一定サイズを超えるとPDF保存できない

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - PDFで設定できる下限のサイズ

コメント

非公開コメント

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ