ここがよくわからない、InDesignの上付き・下付き数字

実は前回の続きです。

異体字ではない、u+2080-2089の下付き数字については、実は不可解な挙動をしていることに気づきました。
また、その対となる上付き数字についても、見てみるとやはりおかしいところが……。

ということで、その上付き・下付き数字についてちょっとピックアップしてみます。おまけで前回もやったCID:09872-09881ももうちょっとだけ。

まず下付き数字。
その扱いだけで考えると、プロポーショナル数字と同様の処理が行われるので問題はないのではないかと考えます。
しかしながら、情報パネルで文字を選択した場合にも、文字種としては「その他の和字」として表示されるという……。

160407_InDesignScript_1

この時点でわけがわかりません。お前ら和字扱いでいいのかと。



そして、上付き数字。
これについてはUnicodeとしては少々ややこしくて、0-9の範囲においては、u+2070/00b9/00b2/00b3/2074-2079という範囲になっています。
これらの文字群について、情報パネルで文字を選択した場合、u+2070/2074-2079については下付き数字と同様に「その他の和字」の文字種になりますが、u+00b9/00b2/00b3については「欧文用文字」になります。

160407_InDesignScript_2  160407_InDesignScript_3

何故異なる文字種の扱いになる……。



さらに両方の挙動について。
「CIDベースの文字組みを使用」のチェックがONの場合、どの文字も文字組みアキ量設定の和欧間設定の影響を受けるので、設定された数値分だけアキが発生します。

160407_InDesignScript_4

それに対し、「CIDベースの文字組みを使用」のチェックをOFFにした途端……。

160407_InDesignScript_5

「その他の和字」についてはアキ量がなくなり、「欧文用文字」についてはアキがそのまま影響を受け続けるという……。



そして前回利用した、CID:09872-09881については、「CIDベースの文字組みを使用」のON(上)/OFF(下)ではこんな状態になります。

160407_InDesignScript_6

160407_InDesignScript_7



実際の挙動と、情報パネルの内容から考えると、下記のことは言えるような気がしているところです。あやしい部分もあるので断言できないから、ふわふわした感じでしか言えないんですが。

  • 組版処理の挙動については原則としてUnicodeベースで処理されている
  • 文字組みアキ量設定の処理は、文字(UnicodeまたはCID)ごとに持つ文字種情報が基準となる(あくまでも基準)

いずれにおいても、InDesignの基本となる組版処理の情報が公開されているわけではないので、表示される情報と挙動なども踏まえながら、ある程度の推察しつつ自己判断を行うしかなさそうなところです。非常にもどかしく感じている状態なんですが。

ともあれ、前回のエントリで「原則として」とあえて表記することにしたのは、そういうところに理由があるからです、はい。

まあただ、文字種情報はあんまりあてにはならないなあ……とは思いました。はい。
そうなると何を信じればいいんだっていうのが出てくるんですが。自ら確認した結果を信じるしかないかもというオチにしかならない気がして仕方ないんですが。



#なお、前回・今回ともに、使用したコンポーザーは日本語段落コンポーザーです。おそらく各コンポーザーの選択によっても挙動は変わるとは思うんですが、さすがにそこまで考えたくないのでやめました。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ここがよくわからない、InDesignの上付き・下付き数字

コメント

非公開コメント

最近の記事

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ