Acrobat DCで加わったプリフライト項目

いや実はリリースされたときからその言葉がずーっと気になってたんです。

150601_AcroDC_01



この「フォントをアウトラインに変換」という、ある意味悪魔の囁きのような文言が。

てことで簡単に実験してみました。

まずはIllustratorでこんなデータを用意しました。あ、文言はお気になさらず。

150601_AcroDC_02

それをPDF/X-4で保存しました。

150601_AcroDC_03

Acrobat DCで開き、フォントのプロパティを確認すると、エンベッドされています。

150601_AcroDC_04

ツールの「印刷工程」を選びます。ツール選択が別画面になったのでめんどくさいです。

150601_AcroDC_05

ツールリストが開いたら「プリフライト」を選びます。

150601_AcroDC_06

プリフライトパネルが開いたら、「フォントをアウトラインに変換」を選び、「解析してフィックスアップ」ボタンをクリック。

150601_AcroDC_01

別名保存のダイアログが自動的に開くので、別名入力して保存します。

150601_AcroDC_07

プリフライトパネルで結果が表示されます。

150601_AcroDC_08



そしてフォントのプロパティを見てみると……

150601_AcroDC_09

消えた、消えましたよ、フォント情報が。

透明効果を使ったアウトライン処理とは異なり、オーバープリントも乗算にならず、きちんとオーバープリントが保たれてます。

150601_AcroDC_10

試しにIllustratorで開いたら、きっちりとアウトライン化されてました。

150601_AcroDC_11



いままでは透明機能で無理くりアウトライン化するか、外部のプラグイン(PitStopなど)でアウトライン化するかのどちらかしかなかったわけですが、今度からは標準で安全なアウトライン化が簡単にできることになりそうです。

ただ……これ、大量ページにやったらどうなるかっていうのがちょっと不安なのと、どう考えてもその場合はファイル容量が大幅に増えることになりそうなので、手放しで喜んでいいかどうかは悩ましい機能だと思います。



追記:InDesignで164P分の文章ものを適当に作ってアウトライン化してみたんですが、1ページ1オブジェクト扱いでアウトライン処理されるようです。勿論、ページ数が多ければ多いほど時間がかかります。
なお、エンベッドでは580kbしかなかったファイルが219MBまで膨れ上がりました。
……予想通りの結果でやっぱり悩ましい機能だという結論に。



さらに追記:フォントが埋め込みできておらず代替フォントで表示されている場合、「欠落しているフォントを埋め込む」という処理で代替フォントのままアウトライン化されます。
よって、事前にすべてのフォントが埋め込まれたPDFでないと意図した結果にはならないという危険な状態になります。
……もっともこのへんは透明機能を使ったアウトラインでも同じなんですが。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Acrobat DCで加わったプリフライト項目

コメント

非公開コメント

最近の記事

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ