フォントを変えて節約なんてのは日本では今更の話

ちょっと周回遅れ感があるんですがこの時事ネタ。

フォント変えれば数百万ドルの節約に、米14歳が政府に提言【CNN.co.jp】

(CNN) 米ペンシルベニア州ピッツバーグの中学生スヴィア・マーチャンダニ君(14)が、文書を印刷する際に使用する文字書体(フォント)を変えるだけで、ごみの削減とコスト節約を同時に実現できる、との画期的な研究結果を発表し、注目を集めている。



こんな話をCNNがネタにするのもアレなんですが、日本じゃ今更の話なんですよ、と。
何かっていうとほら、アレですよ、アレ。

アレじゃわからないのでちゃんと中身を出しましょう。



ニィス、プリンタのインクやトナーを節約する「エコフォント」を発売【マイナビニュース 2008/08/05】

ニィスは使用することでプリンタのインクやトナーの消費量を節約できる「エコフォント」を発売した。エコフォントは書体の中央部分を抜くデザインを採用することで一文字あたりの印刷面積の削減を実現させたOpenTypeフォント。同社によるとエコフォントを使用することで、トナーやインキの使用量を約40%削減できるという。製品は海外向け文書用の「JTC EcoRomanMedium」1書体、本文用として「JTCウインS4エコ角ゴシック体」3書体、「JTCにっきエコ1丸ゴシック体」1書体、見出し用のシャドー文字「JTCウインR10SC48」1書体の計6書体で構成される。

エコフォント | ニィスフォント | Nis Font
140331_NEF_1

てことで日本じゃ単にフォントを変えるってだけじゃなく、きちんとインク・トナー削減を前提としたフォントが既に商用化されているという事実を忘れてはいけないわけです。



ともあれこの時流に乗り遅れないように早速購入してみよう……という人がいるかもしれませんがちょっと待って。
探してみるとわかりますが、実は見あたりません製品が。

自分もそのクチで、ちょっと探してみたところ……。

140331_NEF_2



……いやまてこの時流に乗る前に製品が終わっているだと……!?



いつから終息したのかわかりませんが、この製品も早すぎたものだったようです。
というか需要なかったんだろうなあ……。



ちなみに今まで知らなかったんですが、一太郎2009および同年関連製品にボーナスフォントとして提供されていた模様です。
といっても「文字がやや薄く見えますが」という一文が表すように、結果として可読性に欠けることになるわけで。
私的文書等であればいいかもしれないけれども、公に利用する文書としては少々厳しいのかもしれない。特にユニバーサルデザイン等を必要とするところであれば、相反するものでもあることから、逆に利用的には難しくなりそうに思います。



#他にもGIGAZINEの記事で欧文フォントを話題にしていたように、この手のはここ何年かでちらほら出てきていたものなので、フォント利用変更による印字媒介物削減って今更といえばそれまでのような話だと思う。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フォントを変えて節約なんてのは日本では今更の話

コメント

非公開コメント

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ