ひと昔前は日本の携帯電話、所謂フューチャーフォン、俗称ガラケーが日本では圧倒的だった。
今やiOSデバイス、つまりはiPhoneがそれに代わった。

単に代わっただけで、ワールドワイドで見ると、やっぱり異端で独自性の高い市場なんだなあ、という……。



もっとも、「iPhoneだと実質0円」「キャッシュバックが高い」なんて売り方してる時点で、この数値になってもおかしくはないと思ったりします。
どちらかというと一部キャリアが始めた、見かけで安く売る方法が影響しているという。
その時点でガラパゴス的なんじゃないかと思う次第なんですが。



イニシャルだけ安くても料金やバッテリーの補助処理、使い勝手などを考えるとトータルでは高くなりうる、ということで、下記のような記事もあったりするわけで。

携帯市場が“先祖返り”? 「ガラケー男子」をもてはやす声も【ZAKZAK】
「本当はタブレット+ガラケーがいい」「買う機種を自分で選びたくない」――女子大生がスマホに思うこと【ITmedia Mobile】

利用者的には、各種取捨選択があり、価格もわかりやすく適正なものがいいと思ったりします。

ということで最近、3大キャリアの金額等を調べたりしているんだけど、ワケはわからないし、普通に計算すると高いし、かといって新規やMNPしたときのキャッシュバックまで考えると混乱させるためにこんなことしてるのか、としか言えないわけで……誰かどうにかしてください、この混乱の渦であるガラパゴス状態を。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 日本はいつまでたってもガラパゴス

コメント

非公開コメント

最近の記事

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ