140218_NISFontG2

ほう。

140218_NISFontG3

ほほう。

140218_NISFontG4

ほほほほう。

てことできっちり使えるようです。いつのまに公開したんだろう……。



なお、無償公開されているとはいっても、ダウンロードしたファイル一式の中には使用許諾契約書も含まれていたりします。おそらく内容は通常販売されているものと同等。
記載中には「非営業用の個人用、自社用等の自己利用、またはお客様が特定できる第三者宛に限る受託業務用」に「印刷・広告看板・映像・Webの文字表現」や「PDFによる配布配信」(以上概略)が使用権の範囲として記載されているわけなので、当然かもですが完全フリーなんでも自由に使えるフォントではない、という点に注意が必要かも(※)。

もっとも、そもそも特殊フォントなので利用用途自体が相当限られるはずですが。



ちなみに、それぞれの書体見本ページは下記。

S明朝体W3逆字 ニィスフォント Nis Font
JTCギジモ明朝M ニィスフォント Nis Font

……なんですが、ギジモ明朝って「文字の見本」の特殊カテゴリ一覧に表示されてないうえ、ダウンロードページへのリンクも貼られていないという。どうなってるのだろうか……。



(※)詳細については実際に使用許諾契約書のご確認を。といってもユーザ登録手続きしないと使用権発生しないとも書いてあるんだよなこれ……ユーザー登録ページはあるけど、これらってどのような製品扱いになるのか不明瞭なのでどう登録していいのかわからん……ので、わしは現在使用権がないまま契約違反状態ですので、ぜひないしょにしといてください(ぉぃ

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - あのフォントが無償公開されていたのを知る

コメント

非公開コメント

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ