ちなみに現物写真はこちら。

130401_PC

設置場所を蔵書のある倉庫にしたので外で撮影。そのために倉庫の中の棚やら配置順序やらも総入れ替え状態。
使うときは毎回、外に出して使うことになる状態だったりします。……結構場所喰うし、使うときに高さ取るし。実重量24kgを毎回出すのは……まあ、そっちはなんとかなりますが。腰だけ気をつけないといけないが。

全体的な準備はメーカーが用意したっぽい、YouTubeのこの動画を参照してます。



断裁機自体は同じメーカーが出してる、下記のほうが約8000円程度と全然安いので(買った奴は14000円くらい)少々悩んだところ。


大型裁断機 ペーパーカッター  書籍断裁可

しかしこれにして明らかに正解。
紙押さえを回転レバーか押さえレバーかっていう点が大きく違うんですが、買ったのは押さえ1秒程度と簡単にセットできるので、ものすごい短時間で断裁作業が済む。回転レバーだと押さえるだけでどれくらい時間がかかるかと考えると、少々危なかったわけで。
かといって定番のPK-513LやDurodex 200DXは価格的に流石に……ということで。そのぶん重量がトレードオフ的になるわけで。消耗品も安価なのでコスパ的には正解だろう、と。



てことでこの週末、16冊ほど処理しました。それほど処理できていないのは今回処理したのがB5サイズかつ400P前後のが半数ほど占めてたりとか、解像度400ppiで少々重めにしてるとかの理由から。解像度は今後ともこれを基準で。
あとはぼちぼちとやっていきましょうかね。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 裁断機の威力はスゴイ

コメント

非公開コメント

最近の記事

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ