こぶりなゴシックに気をつけろ(2)

まさか1年以上経過してから続編書くことになるとは思わなかった。
元ネタは前回起こした「こぶりなゴシックに気をつけろ」をお読みください。



で、タイトルは続編としてこぶりなゴシックってなってますけど、要は、前回起こしたネタには続きがあって、他のフォントの中にも同じ問題があったんですよ、と。
……ということを結構前から知ってて放置してたんですが、指令がくだったので今回改めて起こすことに。
今回は全データのスクリーンショットつき。

ということで前回のおさらいから。

「こぶりなゴシックStdN W3」には一部の文字で不具合があり、「ぉ」「び」「ツ」「ミ」「ヤ」の文字幅が、通常とは異なる数値が入っていて、それによって組版結果に影響がありますよ、という。
以下、TypeToolの全スクリーンショットを以下。前回はひとつだけでしたが。

121220_Hiragino_Width_01 121220_Hiragino_Width_02
121220_Hiragino_Width_03 121220_Hiragino_Width_04
121220_Hiragino_Width_05 121220_Hiragino_Width_06



で、ここからが追加分。

文字幅が違うフォントその2。「ヒラギノ行書 StdN W8」がそれで、「山」「侍」の文字幅が1001という。

121220_Hiragino_Width_07 121220_Hiragino_Width_08



なので「山男」とか「侍人生」とかの文章を普通にベタ組みなどしていると引っかかるおそれが。
もっともこのフォントでベタ組みするケースがどれほどあるんだか、って気もしますが。



最後。
文字幅が違うフォントその3が。「ヒラギノ丸ゴ Pro/ProN W4」です。これだけJIS90版も引っかかるという有様。よく気付かれなかったな……。ちなみにこれだけ、他と違って幅狭です。数値は999。

121220_Hiragino_Width_09 121220_Hiragino_Width_10

というか気付かれなくて当然というかなんというか。よく使う文字かというと……たぶん「なにこれ」とか思う人の方が多いような気がします。なにせ自分もそうだった。

てことでInDesignの字形パネルで表示させてみると……。



121220_Hiragino_Width_11

MASU MARKて……。



■2013.8.25追加:続き起こしましたのでそっちもどうぞ。

こぶりなゴシックに気をつけろ(3)

ただし完全解決かというと……。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - こぶりなゴシックに気をつけろ(2)

コメント

非公開コメント

最近の記事

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ