根本的な問題から考えないと

スマートフォンユーザーの84.1%が「就活に有利」と回答【RBBToday】

去年もこのテの話を聞いたりとかをちょうど今朝思い出したところにタイムリーな話題が。
ということでこの件で愚痴言います。新卒学生には公平な方法で採用案内なりを出さなきゃ駄目だろ、と。あ、オチ書いちゃった。

自分的に思うのは「学生という立場や身分、機会均等を考慮すると、ネットを利用しない方法で求人募集するべきだろう」ということ。

スマートフォンが必要だということは、ネットを主体に求人募集しているということになるんですが、そもそもそこにアクセスできなきゃいけない、という不公平感が生まれる。それは能力の優劣ではなく、まずは使用できる金銭の優劣によって決まってしまうことになりかねない。それを学生に求めるのはおかしいのではないだろうか、と。

これは、つまりは携帯電話やパソコンなどであれば全部同じ。さらには案内出しましたってことをスタートにするなら、常時利用できないとそのチャンスはゲットできないことに。その結果としてスマートフォンが持て囃されてしまう、という状況に繋がっているのだとしたら、まさに悪循環でしかないわけで。

であれば、アナログチックに学校の就職専門部署を通じて広報する公平感は高い。もちろん、学校ごとに案内の偏りが生じる場合があったり訪れたタイミングに依存するのは否めないところだが、そこはさらに、応募開始期限等を別に設ければ済む話。これはネットでも同じなんだけれども、そのような考慮をしないから妙な負担を求めることになるわけで……学生にそういうことを求めるべきではないだろう、と。



以前に、ソフトバンクグループが妙な就職制度を設けて批判されたことがあるけれども、ネット応募かつリアルタイム応募を行っている企業も、正直なところ、やっていることはそう変わらないと思うわけで。学生の必死さ自体を商売に繋げるような行為をしてるんじゃないか、と。

一度社会に出た場合は社会人として利益を得ている、つまりはそのような負担を元に求人応募(つまりは中途作用応募)をしても構わないとは思うけれども、これについては企業側はもう少し考える必要があるんじゃないかと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 根本的な問題から考えないと

コメント

非公開コメント

最近の記事

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ