消費者庁はなぜそれを選んだのか

消費者庁のサイトにはこんなもんがあります。

「ストップ!クレジットカード現金化」キャンペーン - 消費者庁

最近ニュースにもなっている、クレジットカードの現金化。お国のほうで「ダメよ」っていうサイト。

こういう啓蒙活動も消費者庁はしてるんだねえ。
これだと「国としてはがクレジットカードを使った現金化はNGだよ」って言ってるのと同じことだと思うんだけれども、世の中そうはなってない。だから街中やらネットでもやたら宣伝されているし、ニュースでも取り締まられたという話は滅多に聞かない。なんか変です。

というところまでが本題なんですが、そのページでもう少し気になったところが。
かというと、PDFで配布されているポスターに利用されているフォントのこと。

110125_caapdf



mikachan-PBて……いうことは、みかちゃんフォントだよね、これ。

なぜそれを使ったのか、問い詰めたい気分です。



#その前に広く周知徹底したいポスターがWordだってところだったりとか、明らかに中の人が作ってるっぽいところもなんともいえないところがあるんですが。金をかけたくない政権のか、それとも真意は別のところにあるのか。サイトからして偽物くさい雰囲気があるのはどうしてだろうかとか。いろいろと悩むところが多い。ちなみにヒラギノ角ゴシックStdNが使われてますが、PDF生成が「Mac OS X 10.5.8 Quartz PDFContext」なので別に問題はないです。組み合わせ的には疑問ですけど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 消費者庁はなぜそれを選んだのか

コメント

非公開コメント

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ