ある意味揺れまくりな結果、にみえなくもない

『「常用漢字表改定に伴う学校教育上の対応について」(まとめ)の概要 〔常用漢字表改定に伴う学校教育上の対応に関する専門家会議〕』というものが文部科学省のサイトにアップされてました。

「常用漢字表改定に伴う学校教育上の対応について」(まとめ)の概要 〔常用漢字表改定に伴う学校教育上の対応に関する専門家会議〕

今まで流れてきた報道とあんまり変わってないように思いますけど、ちょっと気になる点がというかいいのかこれでと。

ということで、そこについて一部抜粋。

学校教育での筆写(手書き字形)の取扱いについて


○ 筆写の楷書字形(手書き字形)と印刷文字字形の違いが,字体の違いに及ぶものについての筆写の楷書の指導について,高等学校においては,特に筆写の指導において標準とする字形を示すことはせず,各学校が中学校までの指導を踏まえて,生徒や教材等の実態に応じて適切に指導することが適当。

○ 中学校における筆写の楷書は,これまでと同じく印刷文字字形に倣って指導することを標準とすることが適当。なお,それぞれの漢字の特性や生徒の実態に応じて,字体の違いに及ぶ指導を行ってもよい。

○ 児童生徒が書いた漢字の評価については,指導した字形以外の字形であっても,指導の場面や状況を踏まえつつ,柔軟に評価することが適当。

……まあ、小学校における書いた漢字の字形類をを柔軟に評価する、というのはわからんでもないです。
ただ、中学における「これまでと同じく印刷文字字形に倣って指導することを標準とすることが適当」とか、高校の「特に筆写の指導において標準とする字形を示すことはせず」とかって。



現場の先生方は大変だと思います。もっと詳細な指導要領とかって出てくるんだろうけれども、これだけ読むと、ある意味指標になるものがあってないようなもんというか、ここにおける「印刷文字字形」って、学参書体字形ということなんだろうか。うーむ、それでいいのか……?

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ある意味揺れまくりな結果、にみえなくもない

コメント

非公開コメント

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ