お馬鹿な操作だけど気をつけておいたほうがいいカラーモードの影響

「うわなんだこれ、データ触ってないのになんで開かなくなるんだ!?」って現象を、Illustrator CS4/CS5を使っているときに遭遇しました。

原因は外部にあったうえで、操作や内容そのものが非常にお馬鹿な有様なんですが、恥かくこと前提に出しときます。

起きた現象はこれ。Illustratorでファイルを開こうとすると、なぜかカラーが対応していないとか出る、というもの。

101011_AiColorErr_1



原因は非常に簡単で、「前回の編集途中、または編集終了後に、リンク配置しているビットマップ画像のカラーモードを未対応のものに変えてしまった」というもの。今回はLabカラーに変わってました。
まさに自業自得。



ただこれ、ふたつほど気づきにくい問題があったりする。

編集中のカラーモード変更:Illustratorに戻った時点で同じ警告ダイアログは出現するものの、そのまま続けて編集できるため、その一瞬を逃すと把握できないおそれがある。
編集後にカラーモード変更:外部で自分以外がやってたら、まず気づかない。



そのうえで、画像側のカラーモードを対応したものに変えない限りは(またはリンク切れを無理矢理引き起こさない限りは)、Illustrator側で警告ダイアログが出て「OK」をクリックするとそのままドキュメントも閉じてしまうため、開かない状態が延々ループになるという状態を引き起こすおそれに繋がるという。



今回は配置している画像量が少なかったし自分で作ってたデータなのですぐ発見できたんですが、画像を大量に配置しているもので複数で関わったものだとしたら……そう考えるとちょっと寒気がしてきたので、恥を忍んで公開してみました。

もちろん不具合ではないんだろうけれども、ダイアログ内のメッセージ内容なども考えると、原因が非常に把握しにくい気がする。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - お馬鹿な操作だけど気をつけておいたほうがいいカラーモードの影響

コメント

非公開コメント

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ