伝統芸能も必死

歌舞伎を見てきました。つっても本格的にがっつりではなく、ちょっと普通と趣向が異なるものを。

伝統芸能だからって高みで何もしてないわけじゃないんですな。必死だよ。

何かというと、国立劇場でやっている「歌舞伎鑑賞教室」というもので鑑賞したんです。
初心者でもわかりやすいよう解説などを交えつつ、そしてリーズナブルに歌舞伎を楽しむことができるというもの。
この時期の開催は主に修学旅行学生向けらしいですけれども(たぶん)、社会人とか親子向けにもやってたりするわけです。



……で、演舞前後の解説も含めて楽しめましたですとも、ええ。
その最後に「歌舞伎は難しいものじゃないんですよ~」「気軽に見て楽しめますよ~」なんてことも言いつつ。まあ、確かに台詞の言い回し的には難しいものがあるにせよ、確かにまた見に来てもいいかな~と思ってしまいました。

こうやって、将来のお客さん候補を増やしていくんだな、と。
確かにお客を増やすことはとっても大切なことで、無料といかないまでも、きっかけ作りは大切だなと考えてしまうわけで。実体験するのが一番確実で、しかもお金を払ってまで見た人は、脈があるというのもまた事実なわけで……ある意味、必死さが伝わってくる一面と感じました。



#もっとも、後でネットで金額を調べたら……む、こんなのよっぽど金持ってないと頻繁に来ることなんてできないぞ。趣味が歌舞伎鑑賞で他にない、くらい言い切れるほどじゃないと無理っぽい気が。せいぜい年1,2度かなあ……いやそれならこの教室とか、研究生発表会とかに通うという手段も……いやそこまでして通う必要あるのか、と冷静になってみると、やっぱりあんまり見にいける可能性が低くなってしまったという。最初のハードルは比較的クリアしやすくても、次に越えるハードルが高すぎる気がしてきた。うーむ。

#パンフや解説に出てきた絵柄がどっかで見たような……と思って、奥付をみたら、「立入晴子」って書いてあった。納得。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 伝統芸能も必死

コメント

非公開コメント

最近の記事

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ