いまさら手に入れた見本帳

今日、写研のタショニム見本帳No.5Aが古本屋で佇んでいたので発見・保護してきました。

実はいまの今まで持ってなかったという。No.5の無印は持ってたんだけれども。

ということで、これでNo.2/3/5/5Aと揃ったんですが、No.1と4が抜けてるのが正直惜しいです。
よっぽど運が良くないと手には入らないだろうなあ……いや揃えたからといってどうということはないはずですけれども。



しかし奥付の発行日および版数を見ると、必ずしも番号通りじゃない改版がされているようなので、それを考慮すると合計6種類ではなく8種類なのかもとか思わせるあたりが謎な気配があるという。
手元にあるのを記載すると以下の通り。

  • No.2 :1995年12月18日初版発行 1997年 2月1日第2版発行
  • No.3 :1995年12月18日初版発行 1997年10月1日第4版発行
  • No.5 :1995年12月18日初版発行 2001年 2月1日第7版発行
  • No.5A:1995年12月18日初版発行 2001年 7月1日第2版発行

No.1はおそらく初版の日付でいいんだろうと。
No.3がなぜか第4版なのでNo.2Aの発行もしくはNo.3が改訂されている可能性がある。
No.5も版数としては3の加算なので、やはりNo.4あたりで複数出されている可能性。
そしてなぜかNo.5Aは第2版扱い。一度リセットされてしまっているという。No.5と比較した場合内容の構成順序等にも変化がある。

これらを見るとフルコンプリートしたくなるところなんだけれども、さてどうやって探したものか。もっとも、単に奥付確認のためだけに探したくなっているだけのような気がする。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - いまさら手に入れた見本帳

コメント

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

>>なかとじさん
そんなことやったことあるんですが。
写研の級数スケールはずたぼろのしかないので、まだ新品があったら欲しいかも……いやしかしいろんなヤマを乗り越えないといけないという課題が。
ともあれ情報感謝です。確かに存続のうちだなあ……。

まったく余談ですが。

見本帳のリリースについては大塚の本社に聞くのがよろしいかと。

実は去年の春、どうしても本社ビルに入りたくて(それだけの理由で・笑)見本帳が欲しいということを盾に行ってきました。銀座・伊東屋にあるから(そっちに行ってくれ)などとしぶられたのですが、武蔵野地区からは遠いとか、しのごのしのごの言って了承してもらいました(ちなみに発送してもいいとも言ってました)。

そんな対応ではありましたが、行けば行ったでちゃっかり「純正フィルムスケール」なんかも勧めて来る次第。良いネタだったんで「それも欲しいところでした」などと調子こいて買ってきました。

相手にされて悪い気はしないと思うので(特に今は)、フェイクなしに「こういう仕事をしていて文字に興味があり~」と、真摯に話せば協力してもらえると思いますよ。

なにぶん、会社がいつまであるかわからないんで(笑)直接話せるうちに、聞きたいこと聞いたりや欲しいモノを手に入れておいた方がいいと思います。
非公開コメント

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ