甘やかしたユーザーの責任、も一端としてある

昨日のつづき。

アドビストアエコキャンペーン」について、昨日から今日にかけて、大きく反響がありました。特に既存ユーザーからのマイナス面によるもの。つまり、過剰なバッシング。



確かにAdobeの動きもあまり褒められたものとは言い難いんですが、ある意味当たり前のことに過剰に反応しすぎです。

まず、Adobeというよりは、企業としてみた場合。
実は当たり前の事をしてるだけにしかすぎない、ということを前提にしなきゃいけません。

なかなか売れないならキャンペーンをして市場の底上げを狙う、それでも効果がなければ別の手を打つ。それがキャンペーンかもしれないし、値下げかもしれない。この行動は企業としてはごく当然のこと。他ジャンルの企業だって当たり前のようにやってます。

それに対して「駄目だおかしい、前に言ってることと違う」なんていうのであれば、極端な話、メーカーを見限って、その製品を使わなければいいだけのことじゃないのかな、と。



もちろん、現在においてはDTPソフトというか印刷業界向けソフトというのは他にあまり選択肢がない。もちろんゼロではないとはいえ、実質的にAdobeの独占状態なのは間違いないです。

ただ、その状況を作り出してきたのは、メーカーの責任だけにあらず、ユーザーが「それしか選択してこなかった」という責任でもあるんです。以前は他にもたくさんの選択肢があったはず、それにもかかわらず。



DTPは「安かろう悪かろう」、と、最初は言われてました。今はもちろん、機能は当時の専用機と遜色ないくらいに向上こそしたけれども、実はもっともっと高い他のソフトのほうが処理としては良い場合なんてのは十分にあります。当時はもちろん専用機系のほうが良かったわけですが、結果的にそれを捨て去ってしまった、選択するのをやめてしまったのは、何処の誰? って話でもあるわけです。



写研はほぼ死にかけ、モトヤやリョービは完全撤退、Quarkはぱっとしない、Corelは忘れ去られかけ。そしてAdobeは迷走。
この状況、単に景気やメーカーのせいだけにすることはできないんじゃないかと、個人的には考えてしまいます。

今からでも遅くないですよね。選択肢はいちおう他にもある。
ならば「脱Adobe」……を100%にするのは難しいところがあるので「できるだけAdobeに依存しない」ところから始めてみたり考えてみるのもいいんじゃないでしょうか。そう思います。



#ただ、PostScriptやAdobe PDF Print Engineなどの出力技術は代替が難しいなあ。ぱっと思いつかない。それが独占を生んでいる土壌にもなっているので本当は違うものを求めなきゃいけないんですが、それってなんか選択肢ってありましたっけ?

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 甘やかしたユーザーの責任、も一端としてある

コメント

非公開コメント

最近の記事

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ