インプリンティングの恐れあり

せうぞーさんトコの話題を見て思ったこと。

[InDesign][typesetting]アポストロフィーとかピリオドとかの縦中横(名もないテクノ手)

21世紀にこれはないだろうと思うんだけどなあ。



わし的には「21世紀だからこそこういう風になったんぢゃないか」と思ったりしました。

というのも、ちょっと気になる想定がありまして。

せうぞーさんは「QXP以前だとこういうラフな感じも許容範囲だったと記憶するけど、」ということも述べてますが、逆を返せば「QXP全盛の頃の雑誌出版物で育った年代の場合、これが当然だと思っている可能性がある」という点も考えられるんですよ。



もしも作り手の年代が20代くらいと想定した場合、だとしたら、おそらくよく雑誌に触れていた10代の頃。だいたい2000年前後になるでしょう。
そのころ、確かに世の中は写植からQuarkXpress(3.3あたり)にどんどん移行し、それ中心に組まれた雑誌が次々に世に出された頃じゃないかと思います。

となると、そのころに粗製濫造された酷い組版をずっとみてきたとしたら、それを刷り込みされ、結果「それが当たり前」と思っている可能性も無きにしも非ず、ということも想定されうるべきなんです。

なので、このようなケースについてはその頃から携わっている作り手、送り手側が逆に反省し、そして正しい組版を改めて啓蒙し直す必要があるんじゃないかと思ったりします。



つっても、できるかどうかわかりませんが。

「Illustratorで文字組みしよう」とかいいつつ、縦組みの事例でベタ組みになっていないという例を見せつけるようなケースも見かけないわけではないので、そのへんはいろいろと考えるべきところが多いのかもしれません。

あとは、縦組みのアポストロフィ/ピリオド/カンマ併用の縦中横は「どう組むのが一番正しいのか」という指標ってあまり見ない気がします。もっとも、単語としては本来は「縦組み内に縦中横として組むべきではない」というのが正解なのかもしれません。CJK固有の縦組みに、横組みしかない文字群を縦組みとして無理矢理混在させようということ自体が誤りというか。

悩みと考えは尽きません。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - インプリンティングの恐れあり

コメント

>>せうぞーさん
あら、そうでした。すみません。

ただ「QXP以前」だと電算も含む写植全盛の頃、ということでいいんでしょうか。
その頃には、今回の例のような全て縦中横中心に揃うような組版はあまり見かけなかった気がするんですが、気のせいですかね。

あさうすさん、読み間違えています。

わたしは「QXP以前」と書いていますので、「QXP全盛の頃」の話はしていません。
非公開コメント

最近の記事

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ