FC2ブログ

AVLのスペシャル落とし穴 (※変更あり)

Adobeのボリュームライセンスが来月から新しくなります。たぶん15日くらいから。

アドビボリュームライセンスプログラム

今までは「Adobe Open Options(4.5)」というライセンス体系だったのが、名称も新たに「Adobe Volume Lisence(5.0)」というものになります。なぜか名称が変わってもバージョンの数値は順当に繰り上げ。



でまあ、メリットもあるんですが大きなデメリットもあります。以下興味ある人はどんぞ。

ということで、まずはもっともわかりやすいメリットから。

  • TLPでもESDは無償提供になった

TLPの場合、今までは必ずインストーラを買わなきゃならなかった(つってもCreative Suite 4扱いの製品は体験版やパッケージ版でも代用できますが)問題があったんですが、それがなくなりました。まあ、ささやかな幸せ。



んで、もっともわかりやすいデメリット。

  • ダウングレードしても、旧バージョンのESDはAVLでは提供されなくなる

CS3まではパッケージとライセンスではインストーラが違うものだったんで、AVLでの契約については必ず旧バージョンの、ライセンス体系にあわせたインストーラを持っていないといけないといふ。



つうことで、改善もあるが改悪もありますよ。やばいぞ、環境を強要されても旧バージョンのライセンス専用メディアを持っていないところは結局置いてきぼりを喰らうぞ。しょーがないけど。つうかいままで旧バージョンのインストーラが提供されてたのがスペシャルであって、単に元に戻っただけのような気がしないでもないけど。

とりあえず今週いっぱいまでならAOOへの駆け込み導入でも間に合うと思います。その際にはAOOの権利が続く限りはインストーラが提供されるはず。保証はしないけど。



もっとも、体系変更によるデメリットのほうが大きいかというと、実はそうとも言い切れないので注意。場合によってはメリットのほうが大きくなるかもしれんです。ただいろいろとわかりづらいことも含めて変更点も少なくないので、事前に要チェックです。ただまあ、アップグレードプランは事実上悪くなってるのは間違いないです。今更どうしようもないが。

あと、旧バージョンのESD復活の可能性はあるらしいです。ただ勝率は微妙なので宛にしない方が無難。



■2009.11.9
11月上旬より、旧ESDの提供が復活している模様です。ただし申込み時に十分な確認をどうぞ。

関連:未来の予告が出現している、のか?

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - AVLのスペシャル落とし穴 (※変更あり)

コメント

非公開コメント

最近の記事

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ