恐ろしい数の小さな防波堤によって支えられた無言の状態、というべきか

なんか乗り遅れた感があるんですが、せっかくなので。



MS、Windows 7でXPの漢字フォントと字形が統一できる
「JIS90互換フォントパッケージ」を提供
(ZDNet Japan)

マイクロソフト、Windows 7にもMS明朝&MSゴシックを提供
~以降のOSからはJIS2004のみをサポート
(PC Watch)

マイクロソフト、JIS90互換フォントの提供はWindows 7で最後(Internet Watch)



指摘されてるのは後者の記事一番最後の記事だったりするわけですが、それについてつらつらと。

ここでの引用はPC Watchからの記事で行います。Internet Watchのほうでもより細かいですが趣旨は同じ。

JIS2004は基本的にJIS90に対する互換性があるので、一般的ユーザーにとっては、JIS90からJIS2004に切り替わることによって問題はほとんど発生しない。実際、同社コマーシャルWindows本部本部長の中川哲氏によると、Windows XPからVistaへの移行の際に、同社のコールセンターには、フォントに関する問い合わせや問題の報告はなかったという。



これについて、小形さんやCLさんとかそこにコメントを付けられている人々が反応を示している、と。

Microsoftが総括「Windows Vistaにフォントの混乱なし」 (もじのなまえ)
マイクロソフトにJIS2004の問題点を伝えるにはコールセンターに電話すればよかったってことか。(M.C.P.C.)



これについては以下の側面があるように思います。

  • 字形差のことをあまり気にしない人が世の中多すぎる
  • MS自体が殆ど何もしないまま、周囲の啓蒙活動によってなんとかなってしまった

前者はともかく、後者のほうがいろいろと影響が大きいところがあるんじゃないだろうか、と思うわけで。



Vista登場に前後して、MSに指令されたわけでもない無数の企業や個人が、さまざまなニュースサイトやblog等をはじめとする媒体を利用して、JIS2004の件について何かしらの情報を出しているという点が大きいのだと考えます。そのため、技術や情報に敏感な人はその時点で情報の理解を何かしらの形でしたのだろう、という側面が非常に大きいのではないかと思うわけです。
また、それで理解できなかった人々は、そのような人たち(つまりは「文字に多少なりとも詳しい人」)に直接聞いてしまったりするであったりインターネットを活用すること等により、結果としてMSに直接問い合わせて情報を求めたりすることがなくなってしまっただけなんじゃないか、と。

また、意外なところと思っているのが、一部の自治体による頑張りだったりします。
Webサイト等にJIS2004の情報を掲示しているような自治体が見受けられ、そのようなところからも情報が得られてしまうということになると、なおさら別にMSに直接確認する必要は減るものになると考えてしまうわけです。

姫路市|本市への情報送信について
【Windows Vista】ご利用の皆さんへ - 厚木市
「Windows Vista」「Office2007」をご利用の皆さんへ - / 天草市ホームページ
宝塚市 - Microsoft製品WindowsVista・Office2007をご使用の方へ:情報政策課(市の組織・業務案内):



MSはそういうリサーチもきちんと行ったほうがいいんじゃないかなと思いました。してるかもしれんけど、むしろ問い合わせがないこと自体を異常と捉えたうえでのリサーチ、というべきでしょうか。
てか、OEMメーカーのサポートとかまで突っついてたうえでの「なかった」という結論なんですかね、これ。MS本体ではなく、少し離れたところでワリ喰ってるような気がしてしょーがないんですよね。

ともあれ、真実がどうなのかは誰も知る由がありませんが。アンケートとっても反応なさそうだなあ。作ったけど。





■掲載1時間後に一部修正。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 恐ろしい数の小さな防波堤によって支えられた無言の状態、というべきか

コメント

Re: そんなもん

>>おたもんさん
> 皆が皆、字形にここまで拘るようになったのは
> AJ1-4 が制定されて以降の話だと感じています。

JIS78/83の字形変更問題も当時ちゃんとあった(しかもかなりの年数引っ張ったうえで個人的にも被害を被り、未だに話の種になる結果としてネタとしてメシが食えてるという皮肉な状況)ので、別に拘りは昔からちゃんとあるものですよ。もちろん、その場合も業界内で、という前提になるとは思いますけれど。
もっともそうでなくとも、人名・地名については別にJISの有無とは関係なく拘られてたものであるため、自分に関わる場合のみ、一般の人もそれなりに拘りはあった/現在でもあるものと考えています。もちろん自身に関係ないことはどうでもいいこと前提でしょうけれども。

そんなもん

周りの非業界の人々は字形が変わったことを知らないか、
知っている人でも話のネタ程度にしか認識してませんでした。

昔からワープロと写植では文字の形が違って当然でしたし、
皆が皆、字形にここまで拘るようになったのは
AJ1-4 が制定されて以降の話だと感じています。

手書きでは非常に拘る人も「機械だから仕方がない」で済ましてましたし
拘ることも大切ですが、拘らないことも大切だと実感した一件でした。
非公開コメント

最近の記事

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ