Adobe自身の、PDFに関する啓蒙活動が足りない

最近そのように思うことがしばしばあったりします。
PDF絡みの、特にフィルム/CTPへの出力に関するトラブルについて、最近さまざまなトラブルがたまたま周りで発生していたりするせいもあるんですが、どうもそれについて「Adobeの啓蒙活動、ぜったい足りんよな」と思ったりするわけで。



「個人的見解の立場でAdobeに直で伝える機会」を失ってしまったので、とりあえず悔し紛れにここに殴り書きをしてみたりする。

ということで、まずはAdobe自身がWebにおいてどの程度情報を出しているのかをピックアップ。

Adobe Acrobatと業界標準
アドビパブリッシングソフトウェア関連資料

前者ではISOや業界別等に策定された規格の紹介が、後者では現時点で4つの資料がPDFとして掲載されてます(直リンクは割愛)。

  • Adobe Acrobat 8 Professional クリエイティブプロ向けの機能紹介
  • Adobe Acrobat 8 Professional 活用ガイド:Microsoft Word編
  • PDF/Xによる入稿の手引き
  • Adobe Acrobat 7.0 Professional プリフライトの手引き



足りません。

何が足りないのかというと「実はPDFというフォーマットには、一見わからないけれども、作り方によってさまざまな種類が生まれ、また結果が異なる場合があるんだよ」という、ものすごく初歩中の初歩ながらも重要な情報がないんです。

特に印刷業界に対して、「Adobe製品であっても、作り方によって何種類ものPDFがあるので、それによってその後の処理が種類によってうまくいかないことがある」という点について触れられていないのは、実は致命的だったりします。
どのような問題が起きるのかというと、

  • 1. 作り方の違いにより、内部情報が異なるPDFが生まれる
  • 2. RIPによってPDFが適切に処理できない場合がある
  • 3. 面付けソフトなどで正常にPDFが処理できない場合がある
  • 4. 面付け後に再PDF化を行う場合に正常に処理できない場合がある

2.3.4.についてはPDFそのものではなく外的要因ともいえますが、1.と絡んだ時に発生する確率が高くなる、ともいえるものになっています。

作り方の違いというのは、Adobeアプリの場合は単純に2種類に分けることができ、「一旦PostScriptで記述し、DistillerでPDF生成する」「アプリから直接PDFを出力(保存)する(PostScriptを経由しない)」というもの。非純正PDF生成エンジンまで考えた場合は、その数だけ出てくることになるけれども。



どのような手順を踏んだとしても、生成されたPDF自体はAcrobatで見る限りは同一にしか見えません。しかも、同じ規格(PDF/X-1aなど)である限りはプリフライト機能を使ってチェックを行っても特に問題なく通ります。
しかし、保持する情報・データ構造自体が異なるため、「PDFラスタライザたるAcrobatでは一見正常であっても、その後処理されるPostScriptラスタライザや(面付け処理などで使用される)PDF解析エンジンでは正常に処理できるとは限らない」という、非常に大きな問題が発生することになります。
しかも、そういう時に限って、たいていは最終出力の切羽詰まった状況下、だったりします。なんてことだ。



「Acrobatから直接出力すればきちんと見たままの状態で間違いなく出てくる」のであればと思ったりもしますが、それだけで完了するケースはむしろ少ないはず。ページ物であれば面付けがありますし、そうでなくとも大貼り・丁付けは当たり前のように行われるはず。なので、必ずワンクッションは通る道。それらについてはワークフローRIPとして内部で処理される場合でも基本的には同様です。
しかし、PostScriptを経由しないPDFの場合はその「ワンクッションとの相性」がどうもよろしくないようで。
面付け自体できない、だったらまだいいです。むしろ厄介なのは「一見正常に出来ているように見えるけれども出力してみると所々おかしな結果になってしまっている。でもそれが分かったのは納品したあと→後の祭り」という状況。



ていうかね、なにもかもAdobeアプリの中で完結するならそれでいいと思うんだけれども、最終出力に絡むところではそうはいかないので、そういう意味では信頼される情報を出して欲しいものです。
単純にフォーマットを公開するだけではなく、PDFを開発したオピニオンリーダーとして、業界内で提携や相互チェックなどを行うことで互換性を高めたり、問題点をきちんと提示することは大事だと思うのですよ。





ちなみに、欲しい情報はこんなところではないかとということで適当にピックアップをば。

DSSはともかく、あとはAdobeから見たらクライアントだったり一個人だったりするんだが、そんなことでいいのかなと真面目に思ったりして。



てことでなにも考えずに書き殴ったら長くなった。


本題とは関係ないどうでもいい補足というか後で気づいたんですが、日付を訂正。
初出が11/27 00:33:01だったのは、「書きなぐった→9.5割方書き終わったところで睡魔に襲われた→下書き保存して倒れる→落ち着いたので再開→アップしたら下書き保存した時間で提出された」という理由です。
てことで出したはずの時間にこっそり訂正。ここまで書いてこっそりも何もないけど。
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Adobe自身の、PDFに関する啓蒙活動が足りない

コメント

非公開コメント

トラックバック

日本語環境での印刷用PDFの情報ははたしてどこにあるんだろうと考えると

日本語環境での印刷用PDFの情報ははたしてどこにあるんだろうと考えると、 アドビシステムズ 製版機用RIPベンダ(DS、FFGS、KODAK、Heidelberg、AGFA) PDF/X-PlusJ推進協議会 DTP-S(上高地仁さん) 大凸 市井のPDF出力事業者 があると思うんだけれども、それぞれの領域?...

最近の記事

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ