詳細 (Detail)
- 小塚フォントを使用しています。
- [字形] パレット(InDesign CS/CS2)/[字形] パネル(InDesign CS3)で [縦組み用全角字形] サブセットのダブルミニュートを入力しています。

補足すべきはこの太字部分で、実際には「新しいCMapを採用したOpenTypeフォントを使用している場合」というのが正しいです。
なので、実際にほかのフォント(といっても今すぐ出せるのはモリサワしかないけど)で入力すると、こんな状態になります。

080602_縦組み全角二重引用符

モリサワのProフォントは正常で、あとは全滅です。
全滅グループはすべてCMapが変更されたものばかりだったりするわけで。
なので、同様のCMapを利用しているヒラギノなども駄目です。これは確認ずみ。



ということで、現状の解決方法そのものはAdobeサポートデータベースに掲載されている方法しかないんですが、よりにもよって、Illustratorではこの現象は起きずにきちんと入力できるというのが非常にややこしいです。

080602_縦組み全角二重引用符_AI



以前にも合成フォントで似たような話があったんですが(もっともそのときはJIS2004/JIS90の違いがありましたが 参考1 参考2)、InDesignはどうやらCMap/GSUBの情報が複数存在することを想定していないんじゃないか、と。
動きを見ている限りそんな感じ。もっとも、プログラムの中を見られる立場ではないので推測でしかないけれども。

いずれにしても、引用符なり異体字なりについては慎重に考えたり、また処理方法を決めておかないとえらいことになりうるというのは間違いないと思います。
既にご存知の方はともかく、そうでない方は以下識者のblogについてもご覧になっていただいて、いろいろ問題があるもんだと考えつつ運用を考えておきましょう。でないと不統一のままで複数同時作業が進んでしまってえらいことになる可能性もあるので。



ダブルミニュートにご注意
クォーテーションマークのまとめ(ともに「なんでやねんDTP」さんより)

InDesignにおける引用符の謎の挙動についての文字コード的なまとめ(「Mac OS Xの文字コード問題に関するメモ」さん)



ちなみに小塚フォントであっても、理論上、CMap改変前の旧バージョンでは問題が起きないような気がしますよ。
もっとも「古いの使え」っていうほうがむしろ危ないし、入手性の問題もあるのでむしろ薦めませんが。

小塚フォントのアップデートにおけるデータ受け渡しの注意点
(Adobeサポートデータベース:224301)



つうかAdobeさんに連絡したときにも「小塚以外でも起きるってのは把握できている」って言ってたのに、なんでこんな書き方するんでしょうか、ねえ。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 複数タイプのCMap/GSUBの絡むややこしい話

コメント

非公開コメント

最近の記事

はてブ数順傾向

プロフィール

あさうす

  • Author:あさうす
  • DTP業界を中心に主観だらけの毒を吐いてます。後ろ盾なし、保証なし。あくまでも独断と偏見に満ちているだけで、何かの圧力とかはありません。たぶん。いやないです。信じてください。

    なお、名無しコメント&煽り、勝手にトラックバックやリンクなどはご自由に。spam認定したもの以外は削除しません。ただしFC2の都合でTBは弾かれるかもしれません。

    当blogは、Firefoxを推奨します。

    何かお問い合わせございましたら [assause@gmail.com] までどうぞ。

月別アーカイブ